ソーシャル メディア管理: ツール、戦略、そして勝利のつかみ方

現代は、ソーシャル ネットワークの時代である。顧客が常にソーシャル ネットワークで繋がっているような世界では、ビジネスを成功する上でその空間の理解はもちろんのこと、サポートやエンゲージメントを促し、リードや需要を呼び込み、ブランドの注目を集めるのに役立つツールの理解は必要不可欠と言えよう。

本レポートを通じて得られる情報:

  • SMM とは? SMM で可能なこととは?
  • ビジネスのタイプおよびサイズに適したベスト ソリューション
  • 技術、戦略、定義、基準
  • 28 の主要な SMM ツールの機能とユーザーによるスコア評価
  • SMM ツールはその役割を果たしているのか。また、ブランドの価値を高め、効果をあげているのか?
  • SMM の未来: 今後の予測
  • 全主要 SMM 戦略の客観的評価と有名ブランドにおける活用方法

Slide1_1_0

このほか、各ソリューションについて徹底的に調査し、SMM 愛用者の活用方法、価格、ユーザーの満足度、主要機能のスコア評価、各製品が使用されるビジネスのタイプも明らかにしていく。

ソーシャル メディア管理が重要な理由

当社のレポート「苦情は宝の山」 では、ソーシャル チャネル上でいかに顧客たちが苦情を呈しているかが報告されている。このレポートでは、顧客グループが、友人や家族が自分の不平、不満に対応すると同様の素早い対応を担当者や企業に求めていることが明らかとなった。

SoMeネイティブ (SoMe=Social Media) とは、ソーシャルメディアと共に生まれ育った世代を指す。 若い世代で、生まれた時から自然な形で周りに存在するソーシャルメディアを、当たり前のように使いこなす。

[SoMeネイティブにとって、インターネットが存在する理由は、コラボレーションによる創作を可能にするためだ。 instagram、Vine、Twitter、Tumblr、Youtube、Reddit、Pinterest などのソーシャルメディア プラットフォームを使って、あるコンテンツをこれまで見たことがないような形や方法で創造したり、消費したり、再編集したり、再投稿したりする。これが SoMe ネイティブだ。 この世代は、ソーシャルメディアを使いこなして友人やコネクションと素早くやりとりすることを楽しみ、相手にも同じことを期待する。」

ミレニアル (新世紀) 世代は、流行の作り手である。まずは傍観し、経験値を高め、好みの製品を分類する。それから他者に、「すべきこと」、「買うべきもの」を伝え広めるのだ。 ジェネレーション X は、他の世代に比べてオンラインやソーシャル ネットワークを通じてリサーチを行うことが多い。これは、競争相手についてのデータ、情報、意見、知識によって厳重に武装することを意味する。 また、「デジタル シルバー フォックス (デジタル ギンギツネ、年配のユーザーを指す)」世代は、ソーシャルメディアのネットワークの中でも利用者が急増している層であり、若い世代よりもかなり多くの資産を持っている。

Replacement_0

それゆえ、SMM ツールや戦略を正しく選択することは、「持っていると良い」とか、ほかのマーケティング チャネルとの兼ね合いで無視できるもの、といった類のものではなく、「必須のもの」なのである。

勝者、敗者、そして何をすべきか

それでは一体、市場では誰が勝者で誰が敗者なのであろうか。また、現在流通しているツールを最大限に活用するための方法とは何であろうか。 これらを見極めるため、我々は次のようなリサーチを行った。

  • 1,133 名のソーシャル メディア マネージャーを対象にしたアンケート調査
  • 198 のツール、1,600 の有名ブランドから送信された 250,966 件のツイートの分析
  • ベンダー Web サイト、価格構造、機能の調査
  • 5 つの主要指標に基づいた 28 種類の SMM ツールのランキング
  • ベンダーへのインタビュー。SMM の「現状」と「今後」
  • SMM 製品の 4 つのカテゴリーにおける 10 の戦略の定義

本レポートの活用方法

本レポートは、総単語数 17,800 語超、総ページ数 120 数ページに及び、その内容を 5 つの特色あるセクションに分け構成している。

  1. はじめに
    本レポートは、まず第 1 部を一読することをお勧めする。第 1 部には、SMM のツール、技術、戦略、定義などが説明されており、本レポートの対象範囲をご理解いただけることであろう。
  2. 大手ブランド
    第 2 部では、大手ブランドにおけるソーシャル ネットワークと毎日、100万件の更新の原動力となっているツール (市販、自社製) の活用方法を徹底的に分析している。 ここでは、ソーシャル メディアをブロードキャスト チャネルとして利用しているブランドはどのくらいか、対して見込み客や顧客とのエンゲージメントのために利用しているブランドはどのくらいかが明らかとなっている。
  3. ソーシャル メディア マネージャーからの「知恵」
    第 3 部は、アンケートの全内訳であり、1,100 名を超える SMM ツール ユーザーがもたらした回答からのものである。 第 2 部は、大手ブランドからの視点で SMM を捉えたが、 第 3 部では、アメリカ国内のビジネスの多くを占めている SME や中規模ビジネス、組織からの視点で SMM ツールを分析する。ここでは、大企業で利用する場合と「Fortune 3000 万」企業で利用する場合とでは明らかな違いがあることがわかった。
  4. トップ ベンダー ガイド
    第 4 部は、28 のベンダーの詳細情報を紹介する、データは、当社が行った調査やデータ パートナーからの引用である。 これは、参考資料として、SMM 分野において利用可能なソリューションを理解するのに役立つと思われる。
  5. ソーシャルの未来
    最後に、SMM の将来をさまざまな見解から考察する。ベンダーが描く将来とは何か。そして、それはユーザーや顧客にとって、何を意味するものなのか。 読み方や参照するセクションはそれぞれでも、このセクションにはすべて目を通すことをお勧めする。