マーケティング クラウド: 成功企業におけるマーケティング テクノロジーの活用例

今や 2,000 もの製品を擁するマーケティング テクノロジー エコシステム。この拡大するエコシステムにおいて、必要な機能、顧客プロファイル、記録システムをすべて 1 つに集約し、総合的かつ簡潔なユーザー インターフェースによりすべてを管理する – これを実現しようとしているのがマーケティング クラウドである。

investment-goodbad

少なくとも理論はこうだ。 そこで我々はマーケティング クラウドの実態を把握し、レポートするため、以下の調査を慣行した。

  • 1,483 名のマーケティング テクノロジストを対象にしたアンケート調査
  • 数千万という Web サイト上にある マーケティング クラウドの普及データの調査
  • ベンダーの財務諸表の入念な調査
  • 20 名超の個人インタビュー
  • 19 ベンダーの 150 の機能および機能性のデータポイントの収集
  • 主要ベンダーのレベニュー シェアの統計の収集と分析

本レポートを通じて得られる情報:

  • マーケティング クラウドとは?
  • マーケティング クラウドの機能 (使用頻度の高い/低い機能)
  • マーケティング クラウド普及データ (利用者例を含む)
  • 5 種類のマーケティング クラウド
  • スコアリング マトリックス
  • 12 種類のカテゴリーにおけるベンダーのスコア (リストを参照のこと)
  • VBが推奨するマーケティング クラウド
    • エンタープライズ 向け
    • 中規模企業向け
    • 小規模企業向け
    • スタートアップ向け
  • 既存のクライアントが語るマーケティング クラウド:
    • ROI
    • マーケティング クラウドの効果
    • マーケティング クラウドについての調査期間
    • マーケティング クラウドのセットアップに要した時間
    • 次年度の予算

pentration

以下の 12 種類のカテゴリーで大小規模のマーケティング クラウドのパフォーマンスがどのようなものかを明らかにしていく。

  1. ソリューションの適用範囲
  2. 価格
  3. 市場普及状況
  4. ビジョン
  5. インストレーション/インプリメンテーション
  6. 親会社
  7. 有用性
  8. 内部統制
  9. 外部統制
  10. 革新
  11. カスタマー ジャーニー
  12. 有効性

最後のカテゴリー「有効性」は、実際のユーザーが語っているさまざまなソリューションのパフォーマンス測定値である。

また、本レポートでは、各ソリューションを徹底的に調査し、そのソリューション セット、ビジョン、可能性、焦点、サイズ、価格を公開する。さらに最も重要な点として、自社の業務システムへのソリューションの導入/運用について、ユーザーの率直な意見を明らかにしていく。