顧客アイデンティティとマーケティング:収益アップのための顧客データ収集、統合、使用方法

現代は顧客中心のマーケティングを行う時代。一般的なメッセージを企業側から一方通行で伝えるのではなく、顧客ごとに個別化対応するのが今日のマーケティングだ。しかし、顧客一人ひとりについて、その人が誰なのか、何に関心があるのかを知ることは、非常に骨の折れる課題である。

この課題は2つの部分に分けられる:

  1. データ収集 – 顧客の行動ひとつひとつから示されるブレッドクラム(ウェブサイト利用者の閲覧履歴やページの階層関係などを道順として示したもの)を拾い上げること。(消費者向けビジネスを行う企業の80%は、顧客について、性別や年齢などの基本的なデモグラフ(人口動態)や購買履歴以上のことを理解してていない。)
  2. データ統合 – 様々なデータベースから得た顧客に関する詳細を一本化すること(顧客についての総合的な単一見解を得るのは非常に大変だと言うマーケッターは96%にものぼる。)

Slide03_0

グラフ:個別化マーケティングに使われる顧客アイデンティティ関連データ

本レポートが報告する事項は次の通り

  • マーケティングにとって、顧客アイデンティティがかつてないほど重要な意味を持つようになった理由
  • 顧客データの収集と統合についての課題
  • 顧客データ収集に必須のツール
  • 既存の顧客データを補強する最適オプション
  • 顧客データを統合する方法とテクノロジー
  • 顧客アイデンティティの管理、集約に使用する主要テクノロジーの分野
  • ニーズ別にまとめた具体的提案 

本レポートは次の調査を元に作成されている

  • 顧客アイデンティティと個別化マーケティングに関する506マーケッターへの調査
  • 27ベンダーまたはブランドへのインタビュー

我々が話をした27企業は以下の通り

  1. Autopilot
  2. Avari
  3. BlueConic
  4. CallidusCloud
  5. Certona
  6. Criteo
  7. Demandbase
  8. Dun & Bradstreet – NetProspex
  9. Evergage
  10. Experian Marketing Services
  11. H2O
  12. Hubspot
  13. Integrate
  14. Intercom
  15. Janrain
  16. Lattice Engines
  17. Lytics
  18. Optimizely
  19. Reflektion
  20. Sailthru
  21. Salesforce
  22. SAP Hybris
  23. SDL
  24. Segment
  25. Tealium
  26. The La Jolla Group (parent company of O’Niell and Metal Mulisha)
  27. Thunderhead