ビッグデータの落とし穴: データからの価値の創出

CMO (最高マーケティング責任者) が直面する大きな課題のひとつに、膨大なデータセットから知見を得るということがある。 当社がマーケティング テクノロジストを対象に行った調査の結果、大量のデータセットからは必ずしも有用な知見が得られるわけではないことが示唆された。

本レポートでは、CMO がデータ分析に利用するツール、成功の鍵を握るセグメンテーション、そしていかに独自にカスタマイズされたツールが「使えないデータ」の大海原の中から「スマートデータ」を探し出すのに役立つかを見ていく。

また、成長を続けるソリューションやさまざまな産業における情報の活用事例を紹介し、コンテキスト サーチやマーケット バスケット解析が思いのほか重要ではないこと、マーケティングにおいて自動化されたデータの無害化がいかに重要かを考察する。

VentureBeat Insight では、マーケティング分析の慣行についてアンケート調査を行い 757 名からの回答を得た。その結果は驚くべきものであった。
マーケット セグメンテーション (市場細分化) はいまだデータ分析手法のトップに君臨している。必ずしも分析製品の機能セットがふさわしいからという理由ではない。その使い勝手のよさと習得のしやすさが勝因である。

本レポートから得られる情報

  • ビッグデータ活用の成功事例
  • 組織における効果的なビッグデータの活用方法
  • ビッグデータ分析のトップ ソリューション
  • データの多さがより良いデータとは限らない理由